ショップの紹介

むねダイビングショップ 
少人数でのファンダイビングをお楽しみ下さい

INfO・ツアー日程
ダイビングスタイル
ご利用料金
ショップの紹介
ダイブスケジュール
アクセス・宿泊
プライベートダイブ
リフレッシュコース
スタッフの紹介
伊豆・ポイントログ
伊豆・過去ログ
ポイント地図
伊豆・シーズン情報
スクール情報
器材の紹介
オーバーホール
ダイビングリンク
写真展示室
伊豆の水中生物
お客様リンク
DANの紹介
伊豆の食事処

簡単予約ページ 予約はこちらから

〒413-0231
静岡県伊東市富戸
1317-5062
大室高原8-513
TEL:0557-51-6164

-会社概要-

むねDSのTOPへ

ダイビング施設紹介

・IOPダイビング施設
・川奈ダイビング施設
・富戸ダイビング施設
・八幡野ダイビング施設
・伊東ダイビング施設
・北川ダイビング施設

潜水指導団体 NAUI
・指導団体 NAUI

コロナ宣言


水中写真

むねダイビングショップ

指導団体を問わずダイビングの認定カードをお持ちならどなたでもご参加頂けます
参加当日には認定カード(Cカード)、ログブックを必ずお持ちください

ガイドレシオ1:4 という少人数制の基本を守る潜り方を大切にして、伊豆海洋公園を中心に伊豆半島全体のガイドをしています。
伊豆の海は、初心者からベテランまでゆとりのあるダイビングが楽しめます。ブランク、シニア、リゾートダイバーもベテランインストラクターがご案内いたしますので安心してお楽しみ頂けます。
お一人でのダイビング予約を大切に、のんびりガイド致しますので気楽にお申し込み下さい。初心者やブランクダイバーには プライベートダイビングもお勧め致します。

伊豆海洋公園 写真 富戸 水中写真

ガイドレシオとは ガイド1人に対してゲストの数を表し、比率を指す言葉として使っています。ガイドレシオ1:4は、ガイド1人でゲスト4人までを担当します。安全管理は参加者の人数比といっても 過言ではありません。
ガイドの注意義務は ゲストをロストしないということです。様々な水中でのトラブルにすべて対応できるものではありません。
ダイビングのトラブルはゲスト自身の責任で対応する心構えでご参加下さい。また、ダイビングの危険性はご家族と共有し理解して貰って下さい。

普段からの健康にご注意下さい。 参加当日に血圧を測定して 異常に高い場合などダイビングへの参加が出来なくなることがございます  その際にも、キャンセル料(当日扱い)が掛かってしまいますので予めご了承の上、ご参加を、お願い致します キャンセルについてはこちらをご覧ください

営業時間 9:00〜17:00(目安) 定休日 不定休
電話番号 0557−51−6164 

*不在時、携帯へ転送されますが、ダイビング中など電話に出られない場合 がありご迷惑をお掛けいたしています。誠に申し訳ございませんが、 転送された携帯の留守電によろしければ、お名前と電話番号をお入れ下さい  こちらから掛けなおさせて頂きます 直接携帯へお掛けの場合も 留守電をご利用下さい 営業や迷惑電話が多く申し訳ございませんが、登録されていない着信番号にはかけ直すことをしていません

住所 〒413-0231 
静岡県伊東市富戸1317-5062 大室高原8-513

We can not accept foreigner. Sorry, we can only speak Japanese.
外国の方の受け入れについて  誠に申し訳ございませんが日本語のみでの対応となりますので、 日本語をご理解頂けない方の参加はお断りさせて頂いています ご紹介して下さる方にもご迷惑をお掛けいたしますが安全なダイビングの為にも何卒ご理解下さい

NAUI 潜水指導団体NAUIとは
1960年、世界で初めて誕生したダイビング指導団体です 以来、50年以上にわたって「最愛の人を任せられる信頼」をテーマに、数多くのダイブマスターやインストラクターを育成し、ダイビングの普及に大きく貢献してきました  現在ではアメリカをはじめアジア、オーストラリア、ヨーロッパ、アフリカ、日本などを拠点に約100カ国以上にダイビングショップが展開し、約50,000人以上のダイブマスターやインストラクターを有しています その人材の豊かさと優れた指導法で、世界で最も信頼される指導団体として広く認められています

お陰さまでNAUIショップとして1985年からの歴史を持ち続けてこられたのも安全を大事にするポリシーが受け入れられたものと 考えています NAUIショップとして老舗の自負もあり、発足当時からのNAUIスクーバセンターとしての活動に区切りをつけて伊豆の現地受け入れ専門サービスとしてファンダイビングの安全性を高めた皆様に信頼されるガイドサービスを提供していきたいと思っています 失敗しないショップ選びは「確かめる」ことです ブランドや価格や宣伝上手なことでダイビングショップを選ぶことのリスクは大きいです NAUIもブランドとしてダイビング業界の中では「厳しい講習はNAUI」という事が言われてきましたが、NAUIの中でも選ばれる時代になりました
NAUIブランドよりMUNEブランドで頑張っていますのでよろしく(笑)

水中ガイドの役割
ガイドはCカード保持者を対象に海をご案内しますが、ダイビングの安全はダイバー自身の責任でCカードを持っていれば最低限のダイビング技術を身につけているという事になります もし、十分な講習を受けていないと 感じているのならリフレッシュコースで不安を解消して、ダイビングを楽しんで下さい

一般社団法人 日本レジャーダイビング協会 資料より引用しています