バディダイビング・セルフダイビング

バディダイビング(セルフダイビング)


バディダイビングを楽しむために・・・


バディダイビング

ダイビングを楽しむ形の一つとしてバディダイビングがあります。
バディダイビングをセルフダイビングと 言う場合もあります。セルフダイビングはショップガイドなしで潜る時などで使われます。 そもそも認定ダイバーは講習が終わった時点で バディ(2人)で講習海域と同程度のポイントを楽しむ事が出来るという風になっていますので、当たり前の スタイルでもありますが、(各指導団体のマニュアルをお読み頂ければ分ると思います。)日本のダイビング 事情の中では少数派で、ご存知の通り、インストラクターガイドによって海を楽しむ日本スタイルが主流 です。

海外ならエリアを管理するビーチマスターとかボートマスターに バディ申告
ポイントやコースに対してブリーフィングを受け、最終的にはダイビングの終了を管理して貰い、緊急時にはレスキュー等のサポートを 受けられるとされていますが日本の場合はほとんどタンクの持込が 出来るエリアがありませんので、バディダイビングの申告と言うよりは 海域を管理している 施設に登録することによってダイビングが出来ます。
ほとんどの施設では潜水計画を提出しませんから、事故があった場合は、本人の申告か他のダイバーの 通報等によってトラブルが分りますので事故対応は後手に回ることが多いと思われます。 日本ではガイド無しでのバディ(2人)ダイビングは盛んではありませんでしたが、タンクやポイントの 管理をしているダイビングサービス側の事故に対しての責任の問題を回避する方法として、ダイビングサービス として、 施設やタンク貸出、潜水事故に対して同意書の提出を求めることによってバディダイビング需要を取り込む 流れとなっています。
施設側が免責と保険によって担保されバディダイビングの受け入れが容易になり、バディダイビングで簡単にエントリー 出来るようになった訳ですが、安全管理に対してダイバー自身の責任をしっかり自覚してなければならないでしょう

バディダイビングは参加されるダイバー個人の責任で全うされなければいけません。
講習が終わってすぐのダイビングでは無謀ダイビングと紙一重と言った感じでしょうか? いえいえ、講習をどこまでしっかりやったかによって全く別物となります。十分マスター出来なかったと 自己判断出来るのなら、もう少し経験を積んでからのバディダイビングをお勧めいたします。 では、どのくらいのレベルでバディダイビングをしたらよいのでしょうか?
本来なら、ある程度の海況の判断が出来る事や、ボートをやるならボートダイビング講習や経験が 必要になるでしょう。 判断出来るとは、自分達の技量で目の前の海に入っていけるかという という判断です。ダイビングを中止できるかという事でもあります。 更に、 自分のトラブル回避とバディへのレスキュー能力が要求されるのではないでしょうか? レスキュー能力もどこまで必要かという判断も個人の判断でしょうが、 バディのエアー切れにオクトパスで対応できるとか水面を泳いで帰るときにサポートするとか程度でも パニックになって手助け出来なかったなんて例もあるようです。 ナビゲーションの技術を身につけても途中のトラブルに対して対応できないのでは バディダイビングはちょっと危ないダイビングになってしまいます。

トラブルが起きないことを前提にナビゲーション
ナビゲーションさえ出来ればいいといったバディダイビングも実施されているようです。 簡単に言えば、エントリーして地形の分る範囲で移動してエアーを 消費してくるダイビング、 それでもドキドキ感、冒険の気分は味わえるようです。 そんなダイビングでも楽しいと言えるのならそれはそれで良いとは思います。しかし、安全に対しての 判断は 適切かどうか自分で判断は必ずして欲しいものです。
技量、能力が足りないと思ったら ちょっとだけ必要な講習を受けて安心してバディダイビングを楽しむ事が出来れば、長いダイビング人生の中では 有益なのではないでしょうか?

バディダイビング

バディダイビングをするためにざっと言えば
@安全な潜水計画を立案してそれを実行できる能力。
Aポイントの海況判断が出来、エリア特有のルールを理解している。
B緊急手順やバディレスキューなどに対応できる。

といった事でしょうが、ダイビングの安全に関しての想像力 をいかに働かさせる事が出来るかと言う事も大切だと思います

加えて言うならば、 万が一、 バディが事故にあってしまった時の問題です。
バディはお互い事故があった時に免責であることを 確認しておいた方がよいでしょう、また、ダイビング保険への加入が必要です。 バディを捜索する為には捜索費用が掛る事も理解して保険へ加入しておくのは大切なことです。 緊急時、善意のダイバーによる救助や捜索支援なども本来は有償です。海の仲間だからという善意をあたりまえのように 振舞うバディダイバーは最低です。 ショップインストラクターに助けられたバディダイバーも多く 見てきていますが 実施されたバディダイビングがあまりに問題があれば捜索や救援に借り出され仕事を中断させられたダイバー 達に 補償の問題も発生すると思います。今は誰も問題にしていませんが、セルフを推奨してシステムの中で利益をあげる 会社などもあり、トラブルが多くなればダイビングショップもそこで不利益が発生した時には損害賠償請求を考えないといけない でしょう。

例えば、バディダイバー達に対して、ロストダイバーの捜索、救助に対して1日**,000円
海況の急変によりエキジット困難なダイバーに対しての救援、エキジットの誘導など1日**,000円
とか 請求しても良いと考えるべきでしょう
ビーチでエキジット出来ないダイバー(ケガをしたとか、体力的にきつくてとか)に対して、サポートの責任が あるのは、バディダイビングを許可したサービスでありスタッフを配置するのは当たり前ではないでしょうか? スタッフを配置もせず事故救助を現地を利用しているダイビングショップに頼っているのでは、事故は減らないでしょう。 また、ショップでも現地スタッフを頼りにガイドの能力以上のゲスト数を引率してトラブルに巻き込まれるというのも 問題です。現地サービスはそんな観点のルールを確認しておく必要があるでしょう

亡くなられた遺族に救援費用を請求することは非常に心苦しいでしょうが、そんな事になってしまったとしたらそのダイバー本人の 責任が重いと考えて下さい。昔、行方不明ダイバーを捜索する費用をボランティアダイバーが募集して大金が集まったことが ありましたが、毎回、事故に対してお金が集まる訳ではないでしょうから、繰り返しになりますが 保険の加入を強くお勧めしておきます。

バディダイビングを許可したダイビングサービスは利益を上げていますが、その場に居ただけで 要請されたダイバーはお互い様というレベルでなければ許されません。安全管理がしっかりしたショップ同士ならともかく、救援に携わった事によってショップインストラクターに損害や補償が発生した時にはダイビングサービスを通して請求することもおこり得ます。 事故を起こしたダイバーの自己責任で済ませることが 出来るのなら良いのですがバディの責任となる場合もありますので、その点も良く理解した上で、バディダイビングを楽しんで 下さい。以上は心構えですね

バディダイビング

バディダイビング(セルフ)講習
潜水ポイントの地形をご希望の方にご紹介いたします。スキルアップ講習ではありません。

講習料 20,520円 (2ダイブセルフサポート)
バディ単位料金ですのでお二人で合計20,520円となります。
お一人での参加も同一料金(20,520円)となります。

施設の登録や使用料、タンクレンタルなど各自で現地サービスにお支払い下さい。
富戸なら 施設使用料 1,080円、タンクレンタル 1本 2,160円、駐車場 1台 540円などがかかります。
ポイントの注意点・水中地図を参考に代表的なコース取りと注意点などご案内致します。

対象エリア:富戸・伊豆海洋公園・八幡野など 


スキルアップ講習
バディ潜水に誘われたり、お友達同士のグループでダイビングする機会があったら、事前にスキルチェックしておきませんか? レスキューは出来ないし、コンパスも読めない、でも上級者に付いていくだけだから的なダイビングでも中性浮力は再確認 しておきませんか?他にも苦手な技術があったらチェックしておきませんか?

ファンダイビングに参加してスキルチェックして頂きますので、 ファンダイビング料金+スキルチェック(1技術に付き1,080円)料金で実施致します。ファンダイビングの合間に スキル講習を致しますので予めご了承下さい。


  お申し込みこちらから
コメント欄にバディダイビング講習とご記入下さい
電話     0557−51−6164

料金表へ