リフレッシュ

むねダイビングショップ
のんびり潜るを合言葉に伊豆の潜り方をお教えします

  INfO・ツアー日程
  ダイビングスタイル
  ご利用料金
  ショップの紹介
  ダイブスケジュール
  アクセス・宿泊
  プライベートダイブ
  リフレッシュコース
  体験ダイビング
  シュノーケリング
  スタッフの紹介
  伊豆・ポイントログ
  伊豆・過去ログ
  ポイント地図
  伊豆・シーズン情報
  スクール情報
  SPツアー/記録
  器材の紹介
  オーバーホール
  ダイビングリンク
  写真展示室
  伊豆の水中生物
  お客様リンク
  DANの紹介
  伊豆の食事処

  簡単予約ページ 予約はこちらから

  〒413-0231
  静岡県伊東市富戸
  1317-5062
  大室高原8-513
  TEL:0557-51-6164

  -会社概要-

  むねDSのTOPへ

  ダイビング施設紹介
  ・富戸ダイビング施設
  ・IOPダイビング施設
  ・八幡野ダイビング施設
  ・川奈ダイビング施設
  ・伊東ダイビング施設
  ・北川ダイビング施設
  ・いとう漁協

  潜水指導団体 NAUI
  ・指導団体 NAUI

  水中写真

伊豆リフレッシュダイビング

久々のダイバーやリゾート・ブランクダイバーが安心してやり直せるプールからの再講習です

最近、Cカードは取ったけどもう少し講習を受けたい方もご参加下さい スキルチェック、スキルアップも出来ます ので技術の確認をしましょう

海洋の浅瀬で簡単リフレッシュはこちらから

リフレッシュダイビング 初心者やブランクも

リフレッシュダイビングプログラム

1年以上ダイビングから離れていた方などは、このコースでダイビングを 再開しては如何でしょうか?
久々のダイビングは、初心者のみならずベテランダイバーでも 緊張します。リフレッシュ後ならダイビングの感覚を思い出してから海を楽しめます。 久しぶりだけど、「大丈夫だから」とすぐに海へ入るのはコンデションによっては危険です。 安全に楽しむ為にリフレッシュプログラムをお薦めいたします。
南の海へ潜りにいく計画のある方なども きっちりリフレッシュして行くと現地で楽しくダイビングが出来ます。 また、ブランクだけでなく、海外や沖縄などでCカードを取得後、初めて伊豆の海に潜る方にも お薦めです。
10年、20年ぶりの方もリフレッシュダイビングプログラムから参加して ダイビングを楽しみましょう。 安心して海を楽しむ為に是非、ご参加下さい。お持ちでない器材はレンタルで受講することが出来ます。
NAUI,PADIなど認定団体を問わず参加できます。Cカード、ログブックをお持ち下さい。

〔料金〕 12,960円 (器材レンタル込)

オールレンタルでリフレッシュプログラムにご参加頂けます。
目の悪い方で度付きマスクが必要な方はお申込の際にその旨をお知らせ下さい。 但し、完全に度が合うとはいえませんのでご了承下さい。使い捨てコンタクトの場合は、そのままお使い下さい。
レンタルサイズが必要なものがあります。BCD・ウエットスーツには、身長・体重が必要です。三点+ブーツでは足のサイズも お知らせ下さい。
器材をお持ちの方は、ご自分の器材でリフレッシュして下さい。器材チェックも出来ますのでご自分の器材で ご参加下さい。器材の状態が不安な場合はレンタルも念のためご要望下さい。尚、レンタル無しでも料金は リフレッシュプログラムの料金は同じとなりますので予めご了承下さい。

〔集合〕 お車で来られる方は、伊豆海洋公園(am9:20)に直接お越しください。(駐車場代が別途掛かります)電車の方は、富戸駅(am9:08)にお越しください。送迎いたします。

〔内容〕 伊豆海洋公園のプールで基本的な実技を再トレーニングできます。 海水プールなので、海洋と同じウエイト調整が出来るので安心です。
基本のリフレッシュコースは約3時間。 順調に出来れば、午後にファンダイビング(\5,400)を楽しむこともできます。 もっと練習したい人は午後もプールで自由に繰り返し練習が出来ます。ファンダイバーとご一緒の場合は、プールでスキンダイビング技術を思い出しながら水慣れして待っていて貰います。自分のペースでダイビングに復帰できます。

  ダイビングイメージ

50mプールでは、存分に水中移動(中性浮力)の練習が出来るし、 水深4mプールでは潜行と浮上を思い出すことが出来ます。立ち泳ぎやスキントレーニングを 充実させれば、海洋でのダイビングを安心して楽しむ事が出来ます。
短い講習で習いきれなかった技術なんかも再点検できますよ〜

ダイビングイメージ

・器材の組み立て
・ウエイト調整  
・マスククリアや脱着、マスク無し呼吸
・レギュレータークリア&リカバリー
・中性浮力、潜降と浮上
・緊急手順の確認(オクトパス呼吸)


など浅い場所での安全な練習を致します。
特にスキルアップしたい項目があれば自己申告して下さい

ダイビングイメージ

自信のない技術や忘れてしまった事も、ここで確認できますから、海に出たときにも 自分自身に余裕が出来ます。この心の余裕が大切なんです。



海況によっては追加のダイビングが出来ない事もありますので予めご了承下さい。伊豆海洋公園が クローズまたは潜水注意でも近くのポイントが良好な場合は移動してファンダイビングをすることも可能です。 移動した場合は ファンダイビング(\6,480)です。

冬期期間などプールが使用できない日は、富戸のコンファインドウォーターなどを 利用してのリフレッシュプログラムとなりますので予めご了承下さい。

↓ ご予約の際に、「リフレッシュ希望」 とご記入下さい。

予約ページ 予約はこちらから

ダイビングイメージ

Easyリフレッシュダイビング

ちょっと不安ですが自信はあるので・・・・

そんな感じなら・・

簡単リフレッシュは、ファンダイビングの中で

むねダイビングショップでは、 ビーチから入ったら、落ち着くまでしばらく移動はしません。 そんなダイビングですから久しぶりでちょっと心配な方でも 自分で落ち着くことが出来ます。

それでも、不安がある場合は、1ダイブ目を簡単リフレッシュとして、予め、自己申告で確認したい 技術をお知らせ頂き、 エントリー直後の浅場か港内で技術の再確認をしてから、ファンダイビングすることも 出来ます。(ポイントは富戸)

ダイビングイメージ

簡単リフレッシュダイビングは富戸の海で
2ビーチ 15,120円
 ( 器材レンタル代金別途

海外や沖縄などでCカードを取得したばかりのダイバーも伊豆での潜り方に慣れて貰えます。

お車で来られる方は、富戸港(am9:20)に直接となります。電車の方は富戸駅(am9:08)に 集合して頂きます。

↓ ご予約の際に、「簡単リフレッシュ希望」 とご記入下さい。

簡単予約ページ 予約はこちらから            ★ぺージの先頭へ★ 


タイトル

海外リゾートや沖縄などでダイビングを始めた方の中に、関東をはじめ 全国のダイバーに人気のある伊豆という最高のポイントが あるのに、近場のポイントで続けられない人がいるのはなぜでしょう。
南の島に比べると、伊豆の海は「寒い・水が汚い・魚がいない」など マイナスの想像が働いているからです。伊豆のダイビングは難しい?決してそんな事はありません!しっかり地域の特徴を教われば楽しく 四季を感じつつ1年中潜れるのが伊豆の海です。水温も透明度も季節によって違いがありますが、年間を通しての生物の豊富さでは南の海に負けていません。 1年に数回の海外や沖縄の海を楽しむのも良いですが、毎週の様にダイビングを楽しむことが出来る伊豆の海をお楽しみ下さい。
また、逆に簡単に伊豆に来られるということで簡単に日程を変更する方がいらしゃいますが、キャンセルポリシーには従って下さい。 ダイビングは自然の中での遊びです。プールの様な波の無い海は珍しく、常に波はあるのも自然ですし雨が降ったり寒かったりするのも自然です。予約した日がちょっとでも波がありそうだったり、雨予報だからと言って海況に問題がないのに前日や当日にダイビングを不当にキャンセルしたり日程を変更しようとする人は当店へのダイビング予約はご遠慮頂いています。自然相手のダイビングですから、難しい点もありますが、心より楽しむためにも当店のキャンセルポリシーをご理解の上、ご参加下さい。
伊豆の危険な生物もチェックしてみて下さい。知らないで触ろうとするダイバーも居たりします(^^;)  ドライスーツや6,5mmスーツもお薦めですのでご参考下さい。

タイトル
伊豆のシーズン情報はこちらをチェックして下さい(^^)


水中ガイドの役割
ガイドはCカード保持者を対象に海をご案内しますが、ダイビングの安全はダイバー自身の責任でCカードを持っていれば最低限のダイビング技術を身につけているという事になります もし、十分な講習を受けていないと 感じているのならリフレッシュコースで不安を解消して、ダイビングを楽しんで下さい

一般社団法人 日本レジャーダイビング協会 資料より引用しています

★ページの先頭へ★


ハンドシグナル、ハンドサインについて
ハンドシグナルは団体や指導者によって若干違う感じの場合があります。 緊急時の行動や手順を打ち合わせするように、 必ずガイドとはハンドシグナルを確認するようにして下さい。
ちなみにむねダイビングショップでは、残圧計を指した後、残圧を指の数で表示して頂いています。100気圧、70気圧、50気圧で教えて下さい

残圧計を指して指1本で100気圧


あとは指の数で70気圧 片手5本なら50気圧


出来るだけ簡単に間違いが起きない表示を大切にしています。
また、カメラなどを持っていて片手が使えない場合などは、片手で5本続いて2本と出せば70気圧だと分かります


この他にも手を水平に動かして、この水深で移動(この水深を守って)とか、手で口から息を出すような合図で、息を吐いて(呼吸を落ち着けて)といった合図なんかもあります

一般的ハンドシグナル・サイン

NAUI教材より引用

料金表へ