ダイビングを安全に楽しむために

ダイビング講習の重要性

なぜ習わないのか?
世の中の多くは 忙しさを理由に 安い・短い・簡単を求めてしまいますが、 ダイビングの講習に関しては、全くと言って逆です。
水中の世界を楽しむ為には、 充分に時間をかけた 講習が必要です。安全に対する正しい知識がなければ 潜水病に罹る確率が高くなります。また、実技能力が身について いなければ多くのトラブルに巻き込まれます。
講習が終わった後も、 信頼できるインストラクターと 長くダイビングを続けていくことによって楽しいダイビング経験が 出来る事をご理解下さい。
講習が終わっても手を借りなければ満足に潜れない人は、 自分が下手だからと嘆く前に充分な講習を受けられたのか、いま一度考えてみて下さい。 潜れないのは、講習の質が悪かったからです。 ダイビング後に飛行機に乗るということはどういうことなのか?深く潜り過ぎたりと 潜水病に罹るようなダイビングを平気でしてしまうのも予防に対する知識がなかったからで トラブルを起こした自分を責める前に 講習が正しく行われたか考えた方がいいです。 とは言え、最後は自己責任。講習を選ぶのも自分の責任です。 安い・短い・簡単という事に魅力を感じてはいけません。
潜水トラブルにあったダイバーをダイビングに復帰させる講習が あります。しかし、そんな講習を考える前にトラブルを避ける事が出来るダイビング講習を きちんとして欲しいものです。

補足:なぜこんな事を書いているかと言うと、 「ダイビングは本当に安全で楽しいレジャーです。」と言う前に 充分に時間をかけた講習で正しい技術と知識、更に経験を得る事 が大切になります。そして、ダイビングにおけるリスクをも理解して 始めて楽しいダイビングとなります。これは普通の考えだとおもうのですが、 しかし、今は、敢えてダイビングの危険性やトレーニングの 必要性は隅におき、ことさら楽しさだけを受講生に伝える 節があります。そうしなければ、講習生が増えないダイビング業界が 発展しないという人達もいます。 一部の限られた人達によって続けられてきたダイビングを 多くの人に体験してもらうためには、難しい事をいうより 楽しさを宣伝していった方が良いのでしょうが、泳げなくても ダイビングは出来ますというのは言い過ぎだと思う我々のような インストラクターがいても良いはずです。


すでにダイバーの方 講習を受ける前に考えることかも

なぜ習わないのか?
皆さんは、本当に講習を受けてきたのですか?
「マスククリアが苦手!中性浮力が出来ません!」って言ってしまう ゲストの気持ちも分かりますが、これは出来ないゲストが 悪いのではなく、充分な講習を受けていないと言う事実なんだと 気づいて欲しいのです。 皆さんが講習(指導)を受ける際にインストラクターには 最低限、講習生に身に付けてもらうべき技術の習得ラインが あります。技術レベルに達しなければ、認定することはできません。 それが世界基準です。世界中のほとんどの国へ行っても Cカードを提示してダイビングを楽しむ事ができるという事の 裏返しでもあります。もし、これが守られなければダイバーの 安全は大きく損なわれることになります。

そこで今一度考えてほしいのですが、いろいろな指導団体が ある中で 少なくともNAUIのスクーバダイバーコースの基準では、 「サポートも受けず、特別な動きもせずに水中停止(ホバリング)できること。」 また「ダイビングが終わった段階で、毎分9 m以下の落ち着いた速度によるアセ ントを行い、水深5 mで3分間の安全停止ができること。」とありますから、 中性浮力の技術をかなり高いレベルで習得していなければおかしいことになります。 出来ない人は、そのまま認定されたことをラッキーと喜ぶのではなくもっと ちゃんと教わらなければいけなかったのです。
更にマスククリアに関しては、必ずマスクの脱着を練習し修得してなければ なりませんので、偶然マスククリアが出来たなどというレベルでは 認定されません。一つの技術を、「1回、2回やりました」ではなく 「ストレスなく出来るようになった」でなければならないのです。

繰り返し言いますが出来ないダイバーが悪いのではなく 教えないインストラクターやスクールに責任があるのです。
水深4,6m以深から緊急スイミングアセントってやりました?
水深4,6m以深で他のダイバーとエアーを分かち合いました?
他の指導団体で水深6mからの緊急スイミングアセントがコースの基準 というところもあります、やりましたか?
だからちゃんと講習を受けましたかと皆さんにお聞きしたいのです。

ついでに、NAUIのコース基準では技能用件の中で水泳能力に関して 「泳げること。」となっています。
皆さん、泳げますか?
一体どの位泳げたら泳げると人に言えるのでしょうか? 昔は200m水泳(裸泳)が基準としてありましたが、 今は表記が変わって 「泳げること。」になったのですが、これは基準が易しくなったのですか、 それとも厳しくなったのでしょうか? 息継ぎも上手くできずバシャバシャと水面を移動出来ても泳げるとは言えないんですよ。 10分くらいは最低泳ぎ続けて欲しいものです。



むねダイビングショップ 0557-51-6164