伊豆半島ジオパーク

ジオマリンガイド

ジオ体感タイトル

写真で見る八幡野・城ヶ崎海岸の溶岩

柱状節理
ジオツアー ジオツアー ジオツアー
マグマが冷却され固まる時に柱状になった岩石。

火成岩(マグマが冷えた固まった岩石)
ジオツアー ジオツアー ジオツアー
大室山の火成岩は安山岩に分類 安山岩は、二酸化ケイ素が 53〜63wt%の火山岩と定義される。 wt%とは、重量%


有名なポットホール
ポットホール(甌穴 おうけつ)は、浸食されたくぼみの中の礫(れき)が、波などに揺られ回転し丸みを帯びた円形の穴を作る。 中の岩も丸くなるがこれは円礫と呼ばれる。

ジオツアー


川奈・姥子(うばこ)神社 川奈湾北側に鎮座する。祠の鎮座する窟を「姥子窟」といい、 「伊東市だより」によると姥子窟は発掘調査もされ、アワビやサザエなどが発掘されています。

ジオツアー


川奈・姥子神社の近くの溶岩の中には岩脈が見られます。 岩脈の名前は、相当する火成岩が無い場合、色調により一括して優白岩、優黒岩 などと言うようです。写真は優白岩??

ジオツアー

城ヶ崎海岸は、大室山からの溶岩が海に流れ込んでいますが、 赤っぽくなっているのは、空気に晒されて酸化したクリンカーと呼ばれる部分です。

ジオツアー

ジオ体感ツアーコースには含まれていませんが、上記の写真の場所は、観光する事が出来ます。
注:現在、富戸港からの観光船はなくなっています。

[TOP] [コースのながれ] [ジオ 解説]