お友達ダイバーと一緒!
伊豆・富戸の体験ダイビング

体験ダイビングイメージ写真

体験ダイビング 昼休みプラン

ダイバーの方が、お友達と一緒に遊びに来た時に便利なプランです
5/16〜9/14の間はお二人、それ以外の期間はお一人の参加となります


【 料 金 】 12,960円 1DIVE (消費税込)
【 内 容 】 NAUI体験ガイド(教材)、レンタル全器材含む
【 場 所 】 富戸  ヨコバマなど
【 集 合 】 富戸駅(am9:06) 富戸港(am9:20)
【 条 件 】 12才以上  健康状態が良好な方
【 説 明 】 NAUIの基準では10才からですが、中学生以上が良いと思って条件を付け加えています  参加準備として 「健康チェックリスト」をご覧下さい  耳抜きについて

水着とタオルがあれば、参加できます。
他に、ビーチサンダルなどがあると便利です  器材のサイズを合わせますので身長と体重、足のサイズをお知らせ下さい

ウエットスーツのレンタルサイズは、身長190cm 体重約100kgまでのスーツがご用意 出来ますが、サイズが合わない場合は、きつい事もありますので予めご了承下さい  お客様のサイズがご用意できない場合は申し訳ございませんがお断りさせて頂く事もございます

目の悪い方で、使い捨てコンタクトレンズを使用している人は そのままで潜れます  万一、流してもいいように、もう一組ご用意下さい  普通のコンタクトや眼鏡の方は、度付マスクをご用意致します  但し、ぴったりと合うものではないことをご了承の上、度付きマスクの希望をお知らせ下さい

富戸港へ直接集合の方は、別途駐車料金540円が掛りますので予めご了承下さい

体験ダイビングイメージ写真

【ダイビングの流れ】

〔AM9:30〕
お申し込み書記入
(ダイバーの方も申し込み書記入)

         ↓

〔AM10:20〕
ダイバーチームがまず初めに1DIVEしますので その間、体験の方は着替え後、教材を読んで待って頂きます


         ↓

〔AM11:30〕
ダイバーチーム終了後、体験の方は簡単に器材の使い方や 安全に楽しむ為に必要な知識を理解して貰います

体験ダイビングイメージ写真          ↓

〔AM12:00〕
器材を選んで、浅瀬で初めてのスクーバ呼吸  練習後、体験ダイビングスタート!潜水時間は、2〜30分  水深は3〜5mで楽しんで頂きます。付き添いダイバーの方も 一緒に潜れます

体験ダイビングイメージ写真          ↓

〔PM1:00エキジット〕
マンツーマンで実施しますのでお一人だけの参加となります
5月16日〜9月14日までの間はお二人の参加が出来ます

         ↓

〔PM2:00〕
体験ダイバーは、温泉に入ったり、食事をとって待って頂きます  ダイバーは2DIVE目

         ↓

〔PM3:30〕
ダイビングログを記入して、終了となります
記念写真もプレゼント中!メール添付又は郵送いたします

体験ダイビングイメージ写真

時間は目安とお考え下さい  この様な時間配分で出来ない場合もあります
海況の状況によっては、透明度が悪かったりする場合もありますので予めご承知の上ご参加下さい


体験ダイビングイメージ写真

お申し込み
キャンセルについて必ずご覧下さい

むねダイビングショップ  
0557−51−6164

ダイバーの友達も一緒に体験だけでいい

半日体験ダイビングのご要望について
体験ダイビングをやりたいが、どうしても時間がない人は午前中だけの体験ダイビングもお受けいたします  参加者は一緒に練習を致しますが、体験ダイビング中はマンツーマンとなりますので参加人数は2名までとなりますので 予めご了承下さい  料金は12,960円(税込)、申込の際に「半日体験ダイビング」と必ず明記して下さい
Cカードをお持ちの方も体験ダイビング料金となります


耳抜きとは

ダイビングで必要な技術に「耳抜き」があります 水中に潜って行くときに水圧の変化を もっとも感じやすい場所が鼓膜です 飛行機やエレーベーターなどに乗った時、耳に変な 感じを受けたことがありませんか? 実は、この時、圧力の変化を鼓膜のところで感じているのです  それを直す為につばを飲み込んだり、飴を舐めたり、顎を動かしたりして何気なく直したりしませんか? 

鼓膜の外側と内側の圧力の差が鼓膜を押したり引いたりするのですが、それが変だと感じます  潜って行くと圧力が高くなって押されます 更に押されると痛い、もっと押されると鼓膜を破ってしまう危険さえあります


NAUI教材より


 その時に耳管から空気を通して外側と内側の圧力の釣り合いをとらないと潜ることが出来ません ダイバーは 一般的方法として鼻をつまんで鼻をかむ様に軽く空気を送ると耳管に空気が送り込まれて中耳の圧平衡が 出来ます このような方法を耳抜きと言います 耳管が炎症を起こしていると空気が通らず耳抜きが出来ないことがあります ので注意が必要です 耳抜きは痛くなる前から水深の変化に合わせて何回も行います もし、耳が抜けない場合は それ以上深く入らないということが大切になります 更に詳しくはダイバーのお友達に聞いてください(^^)



のんびり1日体験ダイビングなら
体験をのんびりご希望の場合はこちら↑

むねダイビングショップへリンク



  + ショップの紹介

  + INFO ツアー日程

  + 富戸の楽しみ方

  + 伊豆・富戸ログ

  + ご利用料金

  + 富戸アクセス

  + 体験ダイビング

  + 富戸スノーケリング

  + ポイント地図

  + ポリシー

  + スタッフ紹介

  + 伊豆の水中生物

  + アドバンスコース

  + ナイトロックスダイビング

  + シニア・プライベート

  + リフレッシュダイビング

  + ガイドプログラム

  + バディダイビング

  + オーバーホール

  + ダイビング器材

  + ダイビングリンク

  + ジオマリンダイビング

  +イベント情報

  + むねダイビング TOP


伊豆・伊東の体験ダイビングはマンツーマンでお楽しみ下さい